PR

ホテルふたり木もれ陽 再訪

ふたり木もれ陽 再訪 アイキャッチ 伊東

伊豆・伊東の、オーシャンビュー・オールインクルーシブの宿「ホテル ふたり木もれ陽」さん。
初めて宿泊したときに大変ここちよく過ごせたので、また訪れたいと思っていた 伊東の「ふたり木もれ陽」さん。約一年半後に再訪できました。
この記事では、コンフォート・スイート9号室の様子と部屋から見える風景を、動画と写真でご紹介します。

ホテルの概要はこちら

ホテル ふたり木もれ陽
伊東市宇佐美字留田3594番地809号
TEL:0557-52-6510
チェックイン/15:00~20:00 チェックアウト/12:00

今回の宿泊情報

・滞 在 日 : 2021年3月
・部屋タイプ : コンフォート・スイート
・同 行 者 : 夫

ふたり木もれ陽のお部屋

この当時はまだお部屋ごとではなく部屋タイプごとの予約だったので、「コンフォート・スイート」というくくりでの予約で、4号室か9号室かは選べませんでした。
予約の際に「できれば前回と同じ部屋にして欲しい」とお願いし、結果として9号室に宿泊することができました。

初回宿泊の際に撮影したお部屋・お風呂等の写真等はこちら

ルームツアー

ふたり木もれ陽さんでは、お風呂を順次改装しています。
2023年3月に9号室のお風呂も改装されたので、この動画とは違っているところがあります。
改修後のお風呂の様子は下記の記事でご確認ください。

このホテルは、どのタイプのお部屋も同じ形で、99.91㎡の広さがあります。お部屋のどこにいてもゆったりとした余裕を感じられます。

この当時はマッサージチェアが1台だけでしたが、現在は2台完備なので二人それぞれが好きな時に使えます。

洗面所はツーボウル。タオルウォーマーがあるので、何度お風呂に入ってもすぐにタオルが乾いて快適です。

お部屋からもお風呂からも一面の海を眺めることができます。

オールインクルーシブなので、2台ある冷蔵庫の中身は全てフリーです。

ふたり木もれ陽は、食事の時のドリンクも、ルームサービスも、バーラウンジの飲み物やおつまみも、全てが宿泊費に含まれているので、追加費用を気にすることなく、飲み放題食べ放題です!

2台ある冷蔵庫の中身チェック

ターンダウン

ふたり木もれ陽 ターンダウンの際に灯されるランプ
ふたり木もれ陽 ターンダウンされたお部屋

夕食から戻るとお部屋はターンダウンされています。

素敵なライトが灯されて、ムーディな曲のCDがかけられてました。(前回は夫の誕生日が近かったこともあり、オルゴールの「HAPPY BIRTHDAY」だったように思います)

使用済みのタオル類は新しいものと交換され、グラスやカップは洗ってあり、冷蔵庫のハーゲンダッツが補充されています。

常に配慮が行き届いて気持ちよく過ごせるホテルです。

おすすめは朝の海

ふたり木もれ陽 テラスから見た朝焼けの海 「天使の梯子」がきれい
ふたり木もれ陽 テラスから見た朝焼けの海 と「天使の梯子」
ふたり木もれ陽のテラスから見た朝焼けの海 天使の梯子の下を船が行く

お部屋から、お風呂から、テラスから、眺める海はどんな時間でも綺麗ですが、特におすすめは朝早い時間です。

海から登る朝陽を見ることができたら最高ですが、雲があっても、この写真のように「天使の梯子」を見られることがあります。

日の出の少し前から、時間と共に空や海の色が刻々と変わって行くのを眺めていると、とても穏やかな気持ちになれます。

チェックアウトが12時なので、早起きして日の出を見ても、朝食前や朝食後に再び眠る時間はたっぷりあります。

「ホテルふたり木もれ陽」が気になった方は、お値段・空き室状況をこちらからチェックしてください。

再訪の際のお食事についてはこちらの記事をお読みください

3度目の宿泊の際のお食事についてはこちら

この記事がお役に立ったなら
クリックお願いします↓

伊東
  
Chiaki

温泉ソムリエ。
写真撮影が趣味の還暦を迎えたおばちゃん。
自分が宿泊して良いと思った宿の情報を、写真と文章を通して皆さんにお伝えできればと思ってブログを立ち上げました。

ちあログ
タイトルとURLをコピーしました