松濤館 細やかな心遣い

松濤館 細やかな心遣い アイキャッチ 三津浜
記事内に広告が含まれています。

伊豆 三津浜 松濤館さんに宿泊した際には、お部屋や温泉やお食事もさることながら、細やかな配慮にとても感動しました。
ここでは、宿全体から感じられた心遣いについてまとめました。

松濤館さんについての概要はこちら

・滞 在 日 : 2022年12月
・部屋タイプ : 半露天風呂付特別室「月」
・同 行 者 : 夫・長女・義母

卒寿祝い

お部屋に入ってウェルカムドリンクを待っている間にアンケートがありました。その中に旅の目的を書く欄があり、義母の卒寿祝いであることを記しました。

夕食の時間となり、お食事処に行きましたら、紫のちゃんちゃんこと頭巾が用意されていました。

それをお借りして、スマホやカメラで記念撮影し、宿のカメラでも家族一緒に写真を撮っていただき、更に宿からのお祝いをいただきました。
食事篇にも書きました通り、食事の途中でお赤飯も出してくださいました。

松濤館 宿から義母へ卒寿祝いプレゼント

義母へのサプライズどころか、私達にも思いがけないことで、驚きとともに感謝でいっぱいでした。

宿から義母への卒寿祝いのプレゼント

義母にいただいたお祝いの品は、富士山の入った小分け皿でした。いろいろな使い方ができそうな素敵なお皿です。

更に、チェックアウト時に、ホテルのカメラで撮っていただいた写真をプリントアウトしたものを、人数分いただきました。

就寝時の配慮

松濤館 枕元の案内図と懐中電灯

食事を終えて部屋に戻ると、和室に布団が敷かれていて、枕元に行灯タイプの電灯…と、ここまではどこの宿でもありそうなことです。

が、その横に避難経路が書かれた案内図と小型の懐中電灯が置かれていたのです。ドアに非常口までの案内図が貼られているのはよく見ますが、枕元にこんな風に用意されていたのは初めてでした。

これらの心遣いをはじめ、館内で会うスタッフの皆さんの対応がいつも快くて、通りすがりの挨拶も素敵な笑顔でさわやかでした。
また、館内のどこをみてもお掃除が行き届いていると感じました。とても心地よい宿です。

そこここに富士山

松濤館 お箸に富士山
松濤館 コースターに富士山
松濤館 富士山の小皿
松濤館 コーヒーのお砂糖が富士山

松濤館さんは、富士山が見えるのがウリですが、窓から見える富士山以外にも、いろんなところに富士山がありました。お食事処にかけられた絵、割り箸やコースターや小皿、アメニティの小袋、食後のコーヒーに添えられたお砂糖…等々。「こんな所にも富士山が!」という発見が楽しかったです。

松濤館 一瞬見えた富士山
チェックアウト前のロビーからも富士山は見えず

結局、朝食前に一瞬雲が切れただけで、帰りのロビーからも富士山は見えなかったけれど、美味しいお料理や気持ち良い温泉やスタッフの皆さんの素晴らしい心配りで、とても素敵な一泊二日となりました。

松濤館のお部屋・お風呂に関してはこちら

松濤館のお食事についてはこちら

松濤館さんの細やかな心配りの中でゆったりと過ごしてみたいと思われた方は、こちらからお好きな予約サイトで空室状況やお値段を確認してみてくださいね。

この記事がお役に立ったなら
クリックお願いします↓

タイトルとURLをコピーしました