食べるお宿 浜の湯 お食事

浜の湯 アイキャッチ 稲取
記事内に広告が含まれています。

「食べるお宿」と自ら名乗っていらっしゃるくらい、お食事には定評のある浜の湯さん。名物の金目鯛の煮つけ以外にも、美味しいものが沢山いただけました。
この記事では、私達がいただいた夕食と朝食を全て写真入りでご紹介します。

【この記事は3部構成です】

  1. 食べるお宿 浜の湯の基本情報
  2. 「風音」の設備やアメニティ、大浴場
  3. 食べるお宿 浜の湯 の食事 ← イマココ

・滞 在 日 : 2020年12月
・部屋タイプ : 露天風呂付ラグジュアリースイートタイプ「風音」
・同 行 者 : 夫・長女・次女・義母

食べるお宿 浜の湯の夕食

浜の湯さんの献立は、季節に応じて2か月ごとに変わるそうで、これからご紹介するのは、2020年霜月/師走(2020年11~12月)のお料理です。

お食事は、基本的にはお部屋食。6名以上になるとお食事処での食事になります。

私たちは5名でしたので、お部屋の和室でお食事をいただきました。

お料理の名前(漢字等)は、メニューに書かれている通りに記載しています

浜の湯 夕食 前菜

前菜
 汲み上げ湯葉 
 柿胡麻クリーム
 合鴨ロース
 帆立霙和え
 蓮根餅菊花餡

浜の湯 夕食 椀物替わり

椀物替わり
 土瓶蒸し

水菜、舞茸、金目鯛、天使海老、粟麩、酢橘

浜の湯 夕食 造里 舟盛り

造里
 季節の鮮魚

浜の湯 夕食 造里ひとり分

お造里ひとり分

浜の湯 夕食 台の物

台の物
 鮑酒蒸し

浜の湯 夕食 煮物

煮物
 
秋野菜と和牛の炊合せ
海老芋、蓮根、人参、菜の花

浜の湯 夕食 金目鯛姿煮

浜の湯名物
 金目鯛姿煮

里芋・隠元豆

浜の湯 夕食 箸休め

箸休め
 冷製南瓜ポタージュ

浜の湯 夕食 お食事

食事 鯛釜飯
昆布、油揚げ、人参、三つ葉
香の物 三点盛り
止椀 赤出し仕立て

浅利、青葱

浜の湯 夕食 デザート

デザート
 アイスクリーム

塩赤えんどう豆
さつま芋甘露煮

浜の湯 夕食 舟盛り

義母の米寿祝旅でしたので、浜の湯さんの名物のひとつである舟盛りに「祝米寿」の文字を入れてくださいました

食後に、担当の方の義母への米寿祝いメッセージカードが付いたスパークリングワインの小さなボトルをいただきました。

皆でベッドルームのテーブルで飲んだのですが、ここに載せられるような写真がありませんでした…

海の幸メインの、美味しいお食事。特に鮑については、夫がいまだに「今まで食べた中で一番大きい鮑だった」と申します。大きいだけでなく、柔らかで美味しかった!

食べるお宿 浜の湯の朝食

いつものごとく、満腹で眠って、早朝から寒いテラスで朝陽を撮って、朝風呂で温まって、すっかりお腹を空かせてお待ちかねの朝食。

夕食と同じように、お部屋の和室でいただきます。

浜の湯 朝食 寒天

いわゆる「おめざ」?
まずは冷たくて甘い寒天から

浜の湯 朝食 蒸し野菜

蒸し野菜
バーニャカウダ的なソース

浜の湯 朝食 釜炊きのご飯、お味噌汁など

釜炊きのご飯、伊勢海老のお味噌汁、奥に煮物と茶碗蒸し

浜の湯 朝食 舟盛り

朝から舟盛り!!!

浜の湯 朝食 舟盛り2

朝の舟盛りには、我が家の苗字で「〇〇丸」
そして「素敵な一日になりますように♡」という、担当のスタッフさんからの一言

浜の湯 朝食 お刺身ひとり分

朝のお刺身ひとり分

浜の湯 朝食 小鉢たち

ご飯のお供色々

浜の湯 朝食 鯵の干物

鯵の干物はホイルに巻かれて火にかけられてアツアツで

浜の湯 朝食 デザート

デザートはヨーグルト

朝食のスタートにジュースというのはよくありますが、寒天(この地では「ところてん」と呼ぶのだそうです)をいただいたのは初めてかも。

そして朝から舟盛りというのもすごいですよね。その昔、夜は宴会で舟盛りを食べ損ねたよ…というお客様のために、朝食にも舟盛りを出すことにしたのだそうです。

蒸し野菜や干物は、その場で固形燃料で火を通されて熱々、冷たいものはキリっと冷えて、お料理の細部まで気配りがあります。

さすが「食べるお宿」だなぁと感心しつつ、腹十二分目になるまでしっかりいただきました。

各予約サイトのリンクをまとめておきますので、浜の湯さんのお料理を食べてみたくなった方は、お好みのサイトで料金や詳細など確認してみてくださいね。

「食べるお宿 浜の湯」さんの概要はこちら

風音のお部屋やお風呂の詳細はこちら

この記事がお役に立ったなら
クリックお願いします↓

稲取
  
Chiaki

温泉ソムリエ。
写真撮影が趣味の還暦を迎えたおばちゃん。
自分が宿泊して良いと思った宿の情報を、写真と文章を通して皆さんにお伝えできればと思ってブログを立ち上げました。

タイトルとURLをコピーしました